ももクロ&アイドル blog

ももいろクローバーZとアイドルについてのブログ

『三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~』

三宅裕司春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~』 

 フジテレビで新しく始まった音楽番組だが、あえて「歌謡曲一座」としているように従来のように演歌の大御所を並べたナツメロ番組ではないが、新たな楽曲ではなく1960年代から80年の山口百恵結婚までを取り上げた音楽番組。JPOP前のあえて「歌謡曲」と言われていた時代の歌に焦点を当てた番組だが、その番組に山口百恵トリビュートのコーナーに息子の三浦祐太朗が出演したのを除けば唯一の若手の出演者としてももクロが呼ばれたのがファンとして嬉しかった。実はこれは今日明日の話ではなくて、これまで長期間をかけてももクロ陣営が手がけてきたことが実った瞬間でもあったからだ。

 実はアイドルグループでありながらももクロは2012年の横浜アリーナ2DAYSの1日目にはワイルドワンズが出演し百田加菜子ソロ曲の「渚のラララ」を共演したり、サプライズ発表のゲストとして松崎しげるが来場、西武ドームでの夏ライブの発表を行ったり、昭和の時代から活躍している大先輩の後継者を自認することを強く意思してきた。

ももクロの場合はその後も点と点を線でつなぐという戦略で南こうせつさだまさし坂本冬美アルフィー、最近では加山雄三とも急接近。一方でザ・ドリフターズを模したもリフというグループを演じドリフターズの楽曲をアレンジしたオリジナル曲も披露するなどをきっかけにライブに加藤茶高木ブーをゲストに招いたり、志村けんの番組に連続して呼ばれ準レギュラー的な扱いに遇されるなど自ら目標というザ・ドリフターズとの距離を徐々に接近してきた。今回ももクロが出演することになった経緯については詳しいことは不明だが、おそらくドリフ側(加藤茶高木ブー)からの強い引きがあったのではないかと想像できる。

 そうして、通常であればベテランばかりの陣容のなかで萎縮してしまってもおかしくないところだが、今回の出演者のうちにはドリフだけではなく、松崎しげるももクロのMVへの出演経験もあるコロッケ、MCを務める番組でいつも引き立ててくれる中山秀征らももクロが比較的親しいと感じられる陣容がそろっており、それも番組内でリラックスして振る舞える要因になっていたのではないだろうか。

 実際に行ったパフォーマンスは「3年目の浮気」とザ・ドリフターズ名曲メドレーの2回だが、いずれも番組後半のクライマックスでの出演でももクロのキャリアからすれば破格の扱いだったと思う。

放送日時
11月12日(日)19時~21時54分
司会
三宅裕司春風亭昇太
出演者(五十音順)
阿木燿子、井上順、岩崎宏美、黒沢博、小林幸子◎、こぶ茶バンド◎、コロッケ◎、小柳ルミ子、斎藤司(トレンディエンジェル)、さくらまや鮫島秀樹(元ツイスト/元HOUND DOG)、菅原洋一、中山秀征◎、橋幸夫布施明松崎しげる◎、三浦祐太朗ミッキー吉野ザ・ゴールデン・カップスゴダイゴ)、三根信宏(シャープ・ファイブ)、ももいろクローバーZ佐々木彩夏玉井詩織高城れに)、森昌子◎、ロザンナ山本リンダ
セットリスト
ザ・ドリフターズ名曲メドレー
  • ドリフ大爆笑のテーマ」
  • 「ドリフのズンドコ節」
  • 「ドリフのほんとにほんとにご苦労さん」
  • 「ビバノン・ロック」
こぶ茶バンド三宅裕司春風亭昇太ももいろクローバーZ佐々木彩夏玉井詩織高城れに
グループ・サウンズ名曲メドレー
【昇太ドリームバンド】
春風亭昇太(ボーカル&ギター)、三宅裕司(ドラム)、三根信宏(ギター)、ミッキー吉野(キーボード)、鮫島秀樹(ベース)
スタッフ
編成
橋口愛(フジテレビ)
演出
佐藤正樹
プロデューサー
若林美樹(フジテレビ)
制作著作
フジテレビジョン