ももクロ&アイドル blog

ももいろクローバーZとアイドルを考えるブログ

有安杏果がももクロ卒業を発表 スタダとの契約も解除、引退へ

simokitazawa.hatenadiary.jp

4人のももクロに感謝  有安杏果ももクロ卒業を発表

最初に杏果のブログを見て思ったのは「嘘だろう」。より正確に言えば「嘘であってくれ。信じがたい」だった。その後、事実関係に誤りがないことが判明して、事実としての「杏果の卒業」は受け入れざるを得なくなったが、卒業以上にショックを受けたのは早見あかり(あかりん)や私立恵比寿中学の愛ぁぃぁぃのようにソロ活動のためのグループ離脱というわけではなくてスターダストプロモーションとの契約も解除して芸能生活からの引退を発表したことである。

    通常こうした「引退」を発表しての離脱は芸能界では移籍のための布石であることが多いし、杏果の場合もそういう憶測は今後出てくるとは思うのだけれど、ももクロというグループのこれまでの経緯やスターダストプロモーションという会社の組織のあり方からすると考えにくい。今のところ昨年から杏果がやめることは決まっていて、メンバーもそれを知っていたということ以上の事情は明らかになっていない。今日の夜の配信番組で杏果も含むメンバー全員が出演してのもう少し詳しい説明があるようなので、それを待ってから判断したいと思われるが、例えば今回の引退が結果的に再デビューなどを含んでいるとしても、今回はこれ以上のことは出てこないというか出さないのではないかと思っている。   

   続きを。夜の配信、ネットメディアなどで明らかになったことはほぼ予想通りだった。杏果の卒業は芸能界引退であり、その理由は「普通の女の子になりたいから」。納得はもちろん出来ないけれど、これ以上のことは今後もおそらく明らかにはならないだろうということも分かった。

   現在の私自身の気持ちとしてももクロではなくても杏果には何らかの形で表現活動を継続してほしい。シンガーとしての復活を待ち望んではいるが、それが写真や何か別のことでもいいと思っている。それを長い目で待ちたいと思う。

   もうひとつは今回のことがももクロ解散につながらなくてよかったということだ。特に今回の杏果卒業があってから、自分なりに考えたくてSMAP解散のことについて書いた一昨年夏の「桃神祭」ライブ2日目の書き込み*1を読んで、結果的には今回のような形で決着したけれど、個人的にはどのひとりが抜けてもももクロは解散だろうと思っていたわけだし、杏果卒業で今後グループはどうするかというのは解散という選択肢も含め徹底的に話し合われただろうということに気がついたからだ。

   そして、我々ファンにとって幸運なことに残された4人と川上プロデューサーを含む陣営ははももクロの継続を選んだ。このことまず感謝せねばと思う。